2017年1月7日土曜日

『Gallery Show 2017』/ New work “In a Landscape”

<展示作家紹介 8 | 佐久間里美

何もないキャンバス上に様々なトリックを駆使して目の錯覚を生み出し、リアル(に見える)風景を作り上げるものが絵画の基本的性質だとすれば、元画家である佐久間里美が絵筆をカメラに持ち替え挑んだのは、「フィルムカメラで、被写体には指一本触れず、デジタル加工もぜず」、しかし「目の前の世界をいつ、どこを切り取るか」という写真の極めてシンプルな方法のみで、いかに非現実的な風景を生みだせるかというものであった。 In a Landscape」で長年にわたりこの「苦行」を行ってきた佐久間は、現在は今までの制約を取り払い、デジタルカメラでの新しい作品の可能性に取り組んでいる。

: 柿島貴志 / POETIC SCAPEディレクター

If the basic nature of painting is making use of various tricks on blank canvas to create illusion of eyes and make real landscape, Satomi Sakuma, the former painter, replaced the brush with a camera and challenged to create unrealistic landscapes under the strict rules. These are “With a film camera, no arrangement on a subject, no digitally manipulation, but with this very simple shooting method. “when and where to cut the world” After having through this “penance” for many years for her work “In a Landscape”, she removed the strict rules, working on the possibility of new works with digital cameras.

:Takashi Kakishima / POETIC SCAPE Director