2017年12月20日水曜日

IMAPEDIAに掲載されました

私のプロフィールと作品がIMAPEDIAにて紹介されております。

My profile and works are introduced on IMAPEDIA. Please check it out.

◉IMAPEDIA

2017年9月20日水曜日

YellowKorner Paris Pompidouで開催された「Snoezelen Landscape」のArtist Statemet

パリにある YellowKorner Paris Pompidouで『LUMIX MEETS JAPANESE PHOTOGRAPHERS #2』に参加し、「Snoezelen Landscape」を出展しました。

「Snoezelen Landscape」のArtist Statemetになります。


ーーーーーーーーーーーーー
普段は自然光をフィルムで撮影しています。今回デジタルカメラを手にした時、違和感と共に、エレクトリカルな人工光が目に飛び込んできました。そこには、フィルムカメラを手にしている時では得られない感覚があり、私は即座に「スヌーズレン」を連想しました。
スヌーズレンは、重度の知的障がいを持つ人々との関わりの理念として、およそ25年前にオランダの施設で生まれ発展してきました。スヌーズレンの語源は、オランダ語の「くんくん匂いをかぐ」と「うとうとする」という言葉をあわせた造語です。利用者に心地よい感覚刺激を提供し、それを楽しみながらリラックスしてもらう活動の事でもあります。最近では障がいに関わらず、日常生活で疲れた心と体を癒すために色々な場所で取り入れられるようになってきています。
私の写真から、感覚刺激そのものを楽しんで頂けたらどんなに良い事でしょう。
東京の街でみつけたスヌーズレン。

I usually take photographs with film under natural light. When I held a digitalcamera for this project, it felt strange, and the artificial electrical lights jumped into my eyes. It was a sensation that I had never felt when using a film camera, and I immediately associated it with Snoezelen in my maind. 
Snozelen is a theory on how to relate to people with server mental challenges, which was born and developed 25 years ago in a facility in the Nertherlands. The term is a neology which combines Dutch words for “to smell”and “to snooze”. It is also a practice for providing comfortable sensible stimuli to users so as to allow them to enjoy themselves and relax. It has recently gone beyond the use for disabilities, and it is being introduced in diverse places to heal physical and mental tiredness from everyday life.
It would be wonderful people could, through my photographs, enjoy such sensual stimuli.
This is the Snoezelen I found in Tokyo.

Special sponsored by Panasonic
http://panasonic.co.jp/news/topics/2014/130818.html














2017年7月24日月曜日

2017年6月23日金曜日

「ニュー・ファンタスマゴリア_スライドショー新世紀」に参加致します

日時:
2017713() - 716(
10:0017:00
13日は19時まで。14-16日は祇園祭のため、17時で閉館

会場:

京都芸術センター フリースペース

参加アーティスト
港千尋+DOZAN11EX 三木道三) Chihiro MinatoDOZAN11EX MIKI DOZAN
勝又公仁彦 Kunihiko Katsumata
キオ・グリフィス Kio Griffith
佐久間里美 Satomi Sakuma
鈴木崇 Takashi Suzuki
澄毅 Takeshi Sumi
関口涼子+DOZAN11 Ryoko SekiguchiDOZAN11
武田陽介 Yosuke Takeda
田中和人 Kazuhito Tanaka
中屋敷智生 Tomonari Nakayashiki
矢津吉隆 Yoshitaka Yazu
山内亮二 Ryoji Yamauchi
山本聖子 Seiko Yamamoto

クレジット
ソフトウェア開発:
港千尋(監修)
南方郁夫(プロデューサー)
三木学(ディレクター)
DOZAN11(音楽ディレクター)
木村利行(UIデザイン)
谷本研(ロゴデザイン)

企画:

三木学

協力:
株式会社ビジョナリスト、クラウド・テン株式会社、株式会社カエルグラス丸山美佳

関連企画
《トーク》「スライドショーの歴史と可能性―写真と音楽をめぐって」
日時:713日(木)1900—20:30
会場:京都芸術センター フリースペース
出演:港千尋(写真家・著述家/多摩美術大学教授)
勝又公仁彦(写真家・美術家/京都造形芸術大学准教授)
DOZAN11(音楽家)
佐藤守弘(視覚文化研究者/京都精華大学教授)
三木学(編集者・色彩研究者)ほか


予約不要・参加無料

ニュー・ファンタスマゴリアーースライドショー新世紀





2017年1月6日金曜日

ギャラリーコレクション展「Gallery Show 2017」に参加致します

2017111日(水)より211日(土・祝)まで、POETIC SCAPEで開催されるギャラリーコレクション展『Gallery Show 2017』に参加致します。

会場:POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:2017111日(水)− 211日(土・祝)*祝日2/11は臨時営業いたします。
          
            月・火 予約制
    水   16:00-22:00
    木~土 13:00-19:00
    日・祝 休廊

協力:shashasha

【展示作家】
野村浩|佐久間里美|渡部敏哉|原芳市|熊谷聖司|尾黒久美
福山えみ|達川清|多田ユウコ|大洲大作|木原悠介|宮田明日鹿

【共同開催】photo book store selected by shashasha

オープニングレセプション:2017111日(水)18:00-22:00

_________________________________________________________________________

A group show with selected works from the past exhibitions at POETIC SCAPE.
It will be held in a cold season, but please come visit us.

Venue: POETIC SCAPE
Date: Jan.11. 2017 (Wed.) - Feb.11 (Sat.) *open Feb.11 as exception.
Cooperation: shashasha

Participating Artists
Hiroshi NomuraSatomi SakumaToshiya WatanabeYoshiichi HaraSeiji KumagaiKumi Oguro
Emi FukuyamaKiyoshi TatsukawaYuko TadaDaisaku OozuKIHARA YusukeAsuka Miyata

collaboration project
photo book store selected by shashasha

*Opening Reception Jan.11. 18:00-22:00