2018年11月4日日曜日

ギャラリーかれん秋の企画展「みえるもの、みえないもの」に参加いたします

■会期:2018年11月6日(火)~17日(土)
    休廊 11/11日(日)
■時間:10:30~17:30
    11/10日(土) 12:00~16:00
   
※11/17日(土) 12:00~17:00
「視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室」10:00~12:00
「 トークイベント」13:00〜15:00
■出品作家:青木芳江、荒井麻理子、井桁由美子、磯部涼、市川裕子、稲垣真理子、宇都口竜太、大久保潤、尾﨑大輔、太田弘、大場かずみ、加藤瑠衣、金井清香、川戸由紀、北島大輝、紀成道、玖村佳恵、黑田菜月、齋藤陽道、斎藤実来、佐久間里美、品川太成、清水裕貴、進藤環、鈴木孝一、竹植耕平、寺田美奈、長岡彩、成富幸、西尾憲一、西岡めぐみ、飛岡悠太、平子知美、渕上さおり、牧島美帆、水脇理恵、百田佳恵、盛山麻奈美、八城勢津子、山崎雄策
  
■会場:ギャラリーかれん
   横浜市港北区大倉山1-11-4
■主催:社会福祉法人かれん
■共催:日本視覚障碍者芸術文化協会
■協力:小高美穂(フォトキュレーター)、尾﨑大輔(写真家)


私は作品1点を出展します。
企画展のテーマに伴い、アクリルをモチーフにした作品にアクリル加工をしました。アクリル on アクリルです。是非とも、アクリルから「みえるもの、みえないもの」を探ってください。
出展する作品は購入できますので、よろしくお願いいたします。また、写真集○△□も販売します。

アートかれんのメンバーである川戸由紀さん・牧島美帆さんと一緒に展示ができる日が来るなんて有り難い限りです。私自身とても楽しみにしています。

よろしくお願いいたします。

社会福祉法人かれん
http://karen.or.jp




2018年11月3日土曜日

佐久間里美が出版した写真集○△□の取り扱い店はこちらまで

【東京】
 SO BOOKS (渋谷) 

 POETIC  SCAPE(中目黒

銀座蔦屋書店(銀座)

ジュンク堂 池袋本店 9F(池袋)

オン・サンデーズ(表参道ワタリウム美術館ミュージアムショップ

NADiff a/p/a/r/t(恵比寿

NADiff BAITEN(恵比寿/ 東京都写真美術館ミュージアムショップ)

百年(吉祥寺)

月と夜ノ空(吉祥寺)

コ本や(王子)


【大阪】
BOOK OF DAYS(阿波座)

【京都】
恵文社一乗寺店(京都

Media Passage メディパ(京都)

【愛知】
ON READING (名古屋)

【新潟】
BOOKS f3(新潟市)

【香川】
BOOK MARÜTE

ーーーーーーーーーーー
【ONLINE  SHOP】
shashasha 

amazon

ーーーーーーーーーーー
【ONLINE  SHOPある書店】
SO BOOKS 

BOOK OF DAYS

恵文社一乗寺店
http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/000000022836/

ON READING 
https://artlabo.ocnk.net/product/6348

BLIND  BOOKS
http://blind-books.ocnk.net/product/442

2018年9月30日日曜日

実証実験AMP×PhotoMusic「ニュー・ファンタスマゴリア」@kumagusukuを開催しております

KYOTO ART HOSTEL kumagusuku(京都アートホステル クマグスク)にて、音楽自動生成スライドショーシステム「PhotoMusic」によって制作された作品「ニュー・ファンタスマゴリア(新しい幻燈会)」を、AMPで実験的に上映しております。

さらに新たなアーティストを加えて空間創造を行っています。テーマは、「Colorful Ambience
「コンテンツで空間を彩る」というアーティストとAMPによる実験を、体験しにお越しください。

第二フェーズ参加アーティストは、大阪府内の障がいのあるアーティストの作品を現代美術のマーケットに紹介するプロジェクトを行っている「capacious(カペイシャス)」、スーパーハイパースペイシーな雑貨で有名な「西淡路希望の家」、障害のある人たちが主に絵を描くアーティストとして通い創作活動に取り組んでいるYELLOW障がいのある方々が本格的にアートを学べる美術教室「ライプハウス」の方が参加します。

色がとても素敵ですので是非ご高覧ください。


共同主催:ニュー・ファンタスマゴリア実行委員会
・ディレクター:三木 学 (編集者・色彩研究者)
・音楽ディレクター:DOZAN11(EX 三木道三)(音楽家)
 
・協力:株式会社ビジョナリスト 
  クラウド・テン株式会社

第二フェーズ参加アーティスト

有田京子|Kyoko Arita  協力:YELLOW 
前田泰宏| Yasuhiro Maeda 協力:西淡路希望の家 
高山勝充| Katsunobu Takayama 協力:ライプハウス 
茶薗大暉| Daiki Chazono 協力:ライプハウス 
仲川あい|Ai Nakagawa、協力:capacious
シュヴァーブ・トム|Tomas Svab
中村ケンゴ|Kengo Nakamura
岩泉慧|Kei Iwaizumi
(順不同・敬称略)

第一フェーズ参加アーティスト
港千尋+DOZAN11(EX 三木道三)|Chihiro Minato+DOZAN11(EX MIKI DOZAN)
勝又公仁彦|Kunihiko Katsumata
キオ・グリフィス|Kio Griffith
佐久間里美|Satomi Sakuma
鈴木崇|Takashi Suzuki
澄毅|Takeshi Sumi
関口涼子+DOZAN11 Ryoko Sekiguchi+DOZAN11
武田陽介|Yosuke Takeda
田中和人|Kazuhito Tanaka
中屋敷智生|Tomonari Nakayashiki
矢津吉隆|Yoshitaka Yazu
山内亮二|Ryoji Yamauchi
山本聖子|Seiko Yamamoto
(順不同・敬称略)
※上映作品を入れ替えます。
・実施期間:2018727日(金)~終了時期未定
・鑑賞していただける時間:16時~21
・場所:KYOTO ART HOSTEL kumagusuku 604-8805 京都市中京区壬生馬場町37-3


Panasonic










2018年9月20日木曜日

代々木八幡の美術古書店「SO BOOKS」にて写真集○△□を販売しております

SO BOOKSの店主である小笠原さんが「巻末には佐久間里美がかつて師事していた金村修による寄稿テキスト。例によって例の如く改行の無い難解なテキストが見開き紙面一面を覆い尽くす。英訳者の苦労を想像する。」と書いてくださったように、一旦は諦めた英訳を実現して下さったのは、安部礼子さん、そして協力して下さったのはTom Finkeさん。

そのことを見抜いて下さったSO BOOKSの小笠原さん、そして、英訳をして下さった安部礼子さんとTom  Finkeさんに改めて感謝いたします。








SO BOOKS
https://sobooks.jp/books/89955





2018年9月1日土曜日

京都にある「恵文社一乗寺店」にて写真集◯△◻︎を販売しております

恵文社一乗寺店にて、佐久間里美が出版した写真集◯△◻︎を販売しております。

静物画を目にした時のような時が止まるような印象をお客様に伝えたいと、書店マネージャーの鎌田裕樹さんが言ってくださり、心より感謝いたします。


恵文社一乗寺店は、2010年にイギリスのガーディアン紙が選ぶ「世界で一番美しい本屋10」に日本で唯一ランクインされ、世界中から本好きが集まる書店です。

叡山電車という小さなローカル線に乗って3駅目の一乗寺駅にあります。


店内にはギャラリーアンフェールがあり、NPO法人スウィングの展示も何度も開催されました。

ギャラリーもあり素敵な書店ですので、本がある豊かな時間を「恵文社一乗寺店」でお過ごしください。


また、恵文社一乗寺店のオンラインショップからも購入できます。




恵文社一乗寺店

恵文社一乗寺店オンラインショップ

2018年8月30日木曜日

第90回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた『判決、ふたつの希望』

佐久間里美が出版した写真集○△□で、私のアーティストステイトメントを翻訳して下さった 佐野光子さんが、第90回アカデミー賞外国語映画賞にレバノン史上初めてノミネートされた『判決、ふたつの希望』(英題:The Insult)の字幕監修とパンフレット執筆を担当をしております。

ぜひご覧になってください。


2018年8月7日火曜日

実証実験AMP×PhotoMusic「ニュー・ファンタスマゴリア」@kumagusukuを開催しております

"KYOTO ART HOSTEL kumagusuku(京都アートホステル クマグスク)"にて、音楽自動生成スライドショーシステム「PhotoMusic」によって制作された作品「ニュー・ファンタスマゴリア(新しい幻燈会)」を、パナソニックの新コンセプトのディスプレイAMP(アンビエント・メディア・プレイヤー)で実験的に上映しております。

昨年、京都芸術センターで開催されていた「ニュー・ファンタスマゴリアスライドショー新世紀」に出品していたスライド作品を出させていただいています。

「コンテンツで空間を彩る」というアーティストとAMPによる実験を、体験しに是非ご高覧ください。

・実施期間:2018727日(金)~924日(月・祝)(820日~23日は休み)
・鑑賞していただける時間:16時~21
・場所:KYOTO ART HOSTEL kumagusuku (〒604-8805 京都市中京区壬生馬場町37-3
・共同主催:ニュー・ファンタスマゴリア実行委員会
・ディレクター:三木 学 (編集者・色彩研究者)
・音楽ディレクター:DOZAN11EX 三木 道三)(音楽家)
・協力:株式会社ビジョナリスト
    クラウド・テン株式会社

第一フェーズ参加アーティスト(順不同・敬称略)
千尋 / 勝又 公仁彦 / キオ・グリフィス / 佐久間 里美 / 鈴木 / / 関口 涼子 / 武田 陽介 / DOZAN11 / 田中 和人 / 中屋敷 智生 / 矢津 吉隆 / 山内 亮二 / 山本 聖子


詳細はこちらをご覧になって下さい。




2018年8月1日水曜日

王子にある「コ本や honkbooks」で写真集○△□を販売しております

東京都北区王子にある「コ本や honkbooks」で写真集を販売しております。
念願の北区デビューです。
「コ本や honkbooks」の清水玄さん、有り難うございます。
書籍と映像がコラボするとこんなに素敵になるのかと、8月5(日)まで開催される池亜佐美・山中澪 二人展「かもめ かもめ」を鑑賞して思いました。本を利用した空間と実験的なアニメーションが面白いです。
「コ本や honkbooks」は、東京藝術大学大学院映像研究科出身の3人の方が運営していることもあり、かっこいい空間なのでオススメです。


コ本や honkbooks





2018年7月26日木曜日

on Sundays(オン・サンデーズ)で写真集○△□を販売をしております

ワタリウム美術館に併設された「on Sundays(オン・サンデーズ)」で、写真集の販売をしております。



美大予備校時代に大変お世話になったので(その後もですが)、写真集を置いていただけるのは有難く、諦めずに続けてよかったと改めて思いました。
約20年前は、今のようにアートの情報がなかなか入ってこない時代で、先端を行くものを唯一扱っていたのが「on Sundays(オン・サンデーズ)」で、赤について研究をしていた時に、丁寧に色々な画集を教えていただいたのを今でも覚えています。
私が通っていた美大予備校の油絵科で当時のヒーローは、レオナルド・クレモニーニ、フランシス・ベーコン、人物を描く時の参考としてルシアン・フロイドだったと思うのですが、もっと他にも知られていない素晴らしい画家がいるはずだと「オン・サンデーズ」で、パウル・ヴンダーリッヒの画集と出会いました。
君の写真のどこにパウル・ヴンダーリッヒが反映されているのかと突っ込まれるかと思うのですが、それはさておき、それくらいお世話になった場所で、今の年齢で当時のお礼を店長の草野さんに言えて良かったです。
私の写真集もですが、とても素敵な場所なので是非行ってみてください。


・on Sundays(オン・サンデーズ)
http://www.watarium.co.jp/onsundays/html/

2018年7月22日日曜日

amazonで写真集○△□を販売しております

amazonから写真集○△□が購入できます。
猛暑で書店などに行くのも大変なので、こちらもおすすめです。

・amazon
https://www.amazon.co.jp/◯△□-佐久間-里美/dp/4991029015

2018年7月21日土曜日

「百年」で○△□の写真集を販売しております

吉祥寺にあるセレクトブックショップ「百年」にて、○△□の写真集を販売しております。

・百年
http://www.100hyakunen.com





2018年7月9日月曜日

佐久間里美が出版した写真集○△□が発売しました

発行 2018年7月5日 初版発行

著書 : 佐久間里美
テキスト: 金村修
アートディレクション:小中志展
翻訳 : 安部礼子・佐野光子

発行所 : MAGUROBIYORI


印刷・制作 : 株式会社 羽車

定価 ¥2300(税抜き)
ISBN 978-4-9910290-1-1

ーーーーーーー
サイズ:スクエア210(横210mm×210mm
ページ数:36ページ サイン入り
製本:糸ミシン中綴じ

※300部限定。作者のサイン入り※
ーーーーーーー
江戸時代の僧侶・仙厓の禅画に着想を得て制作した写真集です。
テキストは私の師である写真家・金村修氏に書いて頂きました。
オーストラリアの様々な州(ケアンズ・ゴールドコースト・シドニー・エアーズロック付近)・ドイツ(ベルリン)・日本(東京・神奈川・愛知・静岡)をフィルムカメラで撮影しました。


私の写真もですが、金村修さんの文章もご覧になってください。
長年向き合って下さったからこその文章だと感じ、有り難い限りです。