2018年10月3日水曜日

ギャラリーかれん秋の企画展「みえるもの、みえないもの」に参加いたします



【ギャラリーかれん秋の企画展「みえるもの、みえないもの】

・内 容:  絵画・写真作品を中心としたグループ展
・会 期: 2018116日(火)~1117日(土)  
     ※11/11(日)休み
・時 間 : 平日10:3017:301110日土曜12001600
             ※最終日1117日 12:0017:00
・会場 :ギャラリーかれん(アートかれん)
・会場住所:〒222-0037 神奈川県横浜市港北区大倉山1-11-4
・参加者:アート・メープルかれん利用者
     作家:進藤環・ 佐久間里美・紀成道・清水裕貴・齋藤陽道
        盛山麻奈美・黒田菜月・西尾憲一 ・尾崎大輔・山崎雄策 
                      
・主催・企画:かれん  http://karen.or.jp
・共催:日本視覚障碍者芸術文化協会
・協力:小高美穂(フォトキュレーター)、尾崎大輔(写真家)

「みえるもの、みえないもの」というテーマで、かれんでアート活動に参加しているメンバーの作品(絵画中心)、一般の写真家の写真作品、また視覚障がいのある方が撮影した写真作品を合同で展示する合同展です。
それぞれの作品を通して、「みえるもの、みえないもの」を作家自身はもとより、観覧者の方々にも探っていただくことを目的にしています。

会期最終日の17日には視覚障がいのある方と写真家、キュレーターや現代アーティストと共にトークイベント、写真教室を予定しています。